ドコモ光のV6プラスって何?

ドコモ光のV6プラスって何?

ドコモ光で利用可能な、V6プラス対応を謳うプロバイダーがありますが、いったいV6プラスとは何なのでしょうか。
V6プラスとは、インターネット通信環境として、既存のIPv4と同時に、IPv6を使えるようになるサービスです。
V6というのは、この略だったのですね。
ですがこの説明だけでは非常にわかりにくいですから、IPv6についてより詳しく解説します。

IPv6は何が凄いの?

IPvとはInternet Protocol Version の略で、バージョンが変わるごとに末尾の数字も増えていきます。
となると、なぜIPv4からいきなりIPv6なったのかという事になると思いますが、IPv5は実験的なプロトコルとして開発はされたものの、一般人が利用するものではありませんでした。
だから、一般向けのサービスで提供されるIPvは、4から6になったのです。
そしてIPv6は、爆発的な全世界でのインターネット環境の普及や、近年流行し始めているIoT(Internet of Things)により、IPv4で利用可能なIPアドレスの数では将来的に不足すると予見されたため、インターネットにアクセスする人々やものが増え続ける状況に対応できるよう開発されました。

IPv6では、従来よりも多い桁数と文字の種類を使ってIPアドレスを作るようにしています。
今までのIPv4ではIPアドレスの長さは32bitで、利用できるアドレスは43億個でした。
これでも十分に多いと感じる方も多いでしょうが、実はすでにIPv4のIPアドレスは枯渇し始めています。
次世代のインターネット・プロトコルたるIPv6のIPアドレスの長さは128bitで、利用できるIPアドレスは34×10^25個。
よりわかりやすく書けば、340兆×1兆×1兆個です。
小学生の頃の、数学の教科書のコラムなどにかいてあったであろう単位を使うと、340澗個と表します。
2倍だとか3倍どころではなく増えているのです。
これだけあれば、今後数100年くらは枯渇しそうにありません。
そしてIPv6に対応したインターネットサイトを閲覧するには、利用しているパソコンなどの機器に加え、通信が対応している必要があるのです。

また、IPv6の利点はこれだけではありません。
サーバーを立ち上げるなどで、大量のIPアドレスを取得するときにはIPv4よりも格段に安く取得でき、ルーターへの負荷も、エラー検出方法の変更や処理の簡素化によって軽減されています。
さらに強化されたのは「セキュリティ機能」です。
IPv4でも「IPsec」というセキュリティ機能がオプションとして用意されていたのですが、利用者は非常に少なく、たいていはデータの送信者と受信者でファイアウォールなどのセキュリティを用意する必要がありました。
ですがIPv6では、はじめから「Isec」が用意されているのです。
これにより、今まではデータをン盗み見られないためにSSLなどの暗号を使わなければいけなかったのが、そうした処理を行っていなくても通信データの中身を見荒れる危険性が大幅に減少したのです。

今後、IPアドレスはIPv6への切り替えが進み、これに対応しているのが普通になるでしょう。
このような状況の中、困る前の早めにIPv6に対応するサービスを利用しておいた方が、今後面倒を避ける意味でもより良い選択かと思います。

IPv6を使うにはどうしたら良いの?

実は、日本国内で提供されている光回線、たとえばドコモ光やフレッツ光、ビッグローブ光はほとんど全社IPv6に対応しています。
ここで重要となってくるのが、この光回線を中継してくれるプロバイダーの対応状況です。
V6オプションやV6プラスという名称で提供されていて、例えばドコモ光公式プロバイダーのドコモnetやBIGLOBE、OCN, So-netなど、すでにほとんどのプロバイダーが対応していますから、あまり心配はいりません。
ですがあまり名の知られていないプロバイダーを利用する場合は、よく確認してから契約したほうが良いでしょう。
一度開通してしまえば、IPv6を利用するのに面倒な設定は必要ありません。
相手のサイトがIPv6ならIPv6で勝手に通信してくれます。
ちなみに、すでにYoutubeやFacebook, Twitterなどの有名なウェブサービス会社のサイトはIPv6に対応済みです。

ドコモ光-dポイントプレゼント-キャッシュバック-

ドコモ光-簡単料金シミュレーション&dポイントプレゼント-

ドコモ光の知っトク!見て得!ホームへ戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ドコモ光:WEB漫画

ドコモ光:簡単料金シミュレーション
ドコモ光300万件突破

スタッフおすすめ記事

  1. ドコモ光の料金プラン・価格について
    ドコモ光とはどんなもの? ドコモ光は、現在300万契約を突破したNTT docomoの人気サー…
  2. ドコモ光を選択すべきかどうかの基準
    プロバイダーを選択するにあたって、ドコモ光は選択するだけの価値があるのは間違いありません。 しかし…
  3. dTVのサービス利用について
    dTVのサービスについて dTVとは、NTTドコモが運営する国内最大級の映像配信サービスです。…
  4. 【ダ・ゾーン】DAZN for docomoの魅力
    DAZN for docomoでスポーツをよりお得に楽しめる サッカーや野球、バレーボールやモ…
  5. ドコモ光の評価・評判とプロバイダー
    ドコモ光のプロバイダと評価 高い評価(評判)を得られたドコモ光 ドコモ光は、現在の顧客満足度…
  6. フレッツ光から「ドコモ光」にするにはどうすればいいの?開通までの流れは?
    →フレッツ光からドコモ光に乗り換えたらいくらお得? 料金シミュレーションはこちら 「ドコモ光…
  7. ドコモ光のV6プラスって何?
    ドコモ光で利用可能な、V6プラス対応を謳うプロバイダーがありますが、いったいV6プラスとは何なのでし…
  8. DAZN for docomo いつでも、どこでも。スポーツストリーミングサービス
    あなた好みのスポーツを、好きなだけ DAZN for docomoは、サッカー、野球、バレーボ…
  9. ドコモ光とひかりTV、dtvに契約すれば色々な番組が見放題
    ひかりTVとdtvは好きな番組が観放題 映画やアニメがみたいと唐突に思い立って、レンタルショッ…
  10. ドコモ光のテレビオプションを利用してdtvを楽しもう
    ドコモ光の選べるTVオプション ドコモ光のテレビオプションには、地デジとBSがアンテナ不要で見られ…

当サイトおすすめの代理店

NTTやau、ソフトバンクの代理店などによる、電話勧誘や訪問営業でのトラブルが後を絶ちません。
最近では、フレッツ光の転用が始まった事により、ソフトバンクやドコモの代理店を名乗る会社からの勧誘も非常に多くなっています。
とは言っても、各社(NTT/au/ソフトバンク)に直接申し込みをするよりは、代理店経由で申込したほうがキャッシュバックやキャンペーンなどお得になるのは事実です。
そこで当サイト「知っトク!見て得!ドコモ光」おすすめの代理店をご紹介します。
弊社が実際に回線を申込した代理店になりますので、アフィリエイトプログラムなどの利益目的ではございません。

オススメの代理店はこちら

ピックアップ記事

  1. ドコモ光プロバイダーのSo-netの評判と運営会社は?

    2017-7-24

    ドコモ光プロバイダーのSo-netの評判と運営会社は?

    ドコモ光のプロバイダーについて調べているのなら、So-netというプロバイダー名をよく目にしているこ…
  2. ドコモ光とフレッツ光、どっちがいいの?

    2017-7-21

    ドコモ光とフレッツ光、どっちがいいの?

    現在ドコモの携帯電話回線を契約している方には、盛んに勧誘される「ドコモ光」はとても気になるサービスだ…
  3. ドコモ光のOCNってどんなプロバイダー?

    2017-7-20

    ドコモ光のOCNってどんなプロバイダー?

    はじめに ドコモ光を契約しようとして調査を行っていると、ドコモ光のプロバイダーの中に「OCN(オー…
  4. ドコモ光のGMOとくとくBBって、いいプロバイダーなの?

    2017-6-16

    ドコモ光のGMOとくとくBBって、いいプロバイダーなの?

    ドコモ光のプロバイダーについて調べていると、「GMOとくとくBB」というプロバイダー名をよく見ること…
  5. ドコモ光とauひかり どちらが安くなるの?

    2017-6-12

    ドコモ光とauひかり どちらが安くなるの?

    携帯電話の通信回線を提供する2社の光回線サービスを料金面で比較していきます。 とはいえ、どちらでも…
ページ上部へ戻る